脂肪吸引の施術とは

脂肪吸引は美容のために行う痩身術ですが、これは通常のダイエットで得られるスタイル改善とは大きく異なります。なぜなら、脂肪吸引で行うのは体内にある脂肪細胞のサイズを小さくするのではなく、脂肪細胞そのものの数を強制的に減らすものであるからです。
脂肪吸引で吸い出す「脂肪細胞」とは、皮下組織にあって脂肪を蓄積する細胞のことです。通常、食事制限や運動によって行うダイエットの場合、脂肪細胞が徐々に小さくなってゆくことで体重が減少します。しかし、たとえ一時的に脂肪細胞が小さくなっても、その後に食べ過ぎなどを起こした場合にはすぐに元通りをしてしまいます。リバウンドが起こりやすいのもこのためで、サイズが減った細胞は、もとに戻ろうとしてよけいに食欲を脳に伝えてしまうのです。
脂肪吸引の施術をすることで、脂肪細胞の数そのものを減らしてしまうことができます。そのため、ダイエット時のようなリバウンドの可能性を低くすることができます。また、通常のダイエットと違って脂肪吸引の施術は、おなか、顔、二の腕といった部分的に太くなりやすい部分に絞って脂肪細胞を取り去ることができるので、簡単に「部分痩せ」をすることができます。
脂肪吸引をした直後は「見た目はスリムになったけど、体重自体はそれほど変っていない」ということがよく起きます。ただし、その場合も脂肪細胞の数は減少しているので、少しずつ体重そのものを減らすダイエットもしやすくなります。